Carritoスタートアップガイド for MovableType5.1

仕事で小規模なECサイトを制作する際に、ECプラグインシステム「Carrito」を使う機会がありましたので、使い方を纏めておきます。

Carritoとは?

主に小規模向けの簡易ショッピングカートシステムです。 アメブロ、Bloggerなどのブログサービスから、MovableType、WordPressまで幅広く対応しており、今のサイトに通販機能を付与するのにとても敷居の低いサービスです。

今ブログで商品の紹介をしている、EC-CUBEなどの多機能カートに敷居の高さを 感じている、そんな方にオススメのサービスです。

利用料も月額費用は無く、商品の売上の1.0 %なため、導入がしやすいです。

詳しいマニュアル

http://www.carrito.jp/pdf/manual.pdf

Carritoをダウンロードする

公式サイトからダウンロードします。 解凍後にCarritoフォルダをMTのインストールフォルダの中のpluginsに入れます。

    /mtのインストールフォルダ/plugins/Carrito

Carritoをインストールする

使用したいブログのメニュー>ツール>プラグインからCarritoの設定を開きます。

アカウントIDとAPIキー、システムオブジェクトを選択します。 表示オプションは通常はステータスと説明文だけで大丈夫です。

アカウントIDとAPIキーはCarritoの管理画面から取得することが可能です。 詳細はCarrito申込時のメールをご覧ください。

Carritoの投稿画面を表示させる

標準では表示されていない為、ブログ記事の編集画面から表示オプションを選び チェックを入れます。

Carritoで使用頻度の高いタグ

商品名の表示

<mt:carritoitemname>

商品価格の表示

<mt:carritoitemprice numify="1">

商品説明の表示

<mt:carritoitemdescription nl2br="xhtml">

カートに入れるリンク(販売中以外の場合は販売ステータスを表示)

<MTIf tag="carritoitemstatus" eq="販売中">
<a href="<mt:carritocarritolink>"><img src="/image/xxx.jpg" alt="カートに入れる" /></a>
<MTElse>
<mt:carritoitemstatus>
</MTIf>

お買い物ガイドへのリンク

<mt:carritoguidelink>

お買い物ガイドへのリンク(他ブログから呼び出す場合)

<MTMultiBlog include_blogs="hoge"><mt:carritoguidelink></MTMultiBlog>

Carritoを使用する際のJavascript(headに追記)

<mt:carritojavascript>

そのほか

何かこの記事に関して、ご不明点等ありましたらお気軽にTwitterで @riatw 宛までご連絡ください。 Carritoについて全てが分かるわけではありませんが、分かる範囲でサポートさせていただきます。