Movable Typeの可能性を広げるアドオン DynamicMTML 導入のポイント

Movable Type用のダイナミック・パブリッシング機能を大幅に強化するアドオン、 DynamicMTMLを導入する際のポイントを纏めておきます。

DynamicMTMLの動作に必要な環境

  • Movable Type v5.04以降(MT5.2/6でも動作確認済み)
  • PHPによるダイナミックパブリッシングが動作する環境
  • mod_rewriteが有効で.htaccessによる
設定が可能な環境

インストール方法

  • 配布元からダウンロードする
  • zipファイルを解凍し、addonフォルダをアップロードする
  • MovableTypeにログインし、ブログの設定から有効にする

導入時のありがちなトラブル

InternalServerErrorが起きる(画面が真っ白になる)

DynamicMTMLを有効にした途端にエラーが起きる場合は大抵の場合、自動生成された ファイルのパーミッションが間違っているか、.htaccess内にそのサーバで使用できない 記述が含まれていることが原因なことが多いです。以下のことを確認してみてください。

  • .htaccessのOptionをコメントアウト
  • .htaccessのphp_valueをコメントアウト
  • 各フォルダと.mtview.phpのパーミッションを確認

もし解決しない場合で画面が真っ白な場合は、以下の方法をお試しください。 - PHPの設定を変更し、エラーが表示されるようにする(display_errors) - MovableTypeのデバッグモードを有効にする

スライド

参考サイト

DynamicMTML関連

ダイナミック・パブリッシング関連