さくらのレンタルサーバでHTMLをphpとして処理させている際に、404ページが正しく表示されない

タイトルが長くて恐縮です...。

この情報は、2013年6月15日現在のものです。
多分、年内まで有効です。

さくらインターネットスタンダードプランにおいて、html拡張子のファイルをphpとして処理させた場合、以下のような問題が発生します。

存在しないhtmlにアクセスした際に画面上に、「No input file specified.」と表示される。
原因としては、すべてのリクエストがもれなくphp.cgiに向いているためだと思います。

HTTPのステータスコードとしては404が戻ってきているようなので、直接問題は無いと思いますが、Googleさんの心象的にどうなんだろう、とか気になったので少し対策を考えてみました。

.html拡張子のものをphpとして処理する

    Action myphp-script /php.cgi  
    AddHandler myphp-script .php .html  

存在しないファイルを指定したphpにリダイレクトする

    RewriteEngine On  
    RewriteBase /  
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f  
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} "¥.(php|html)$"  
    RewriteRule .+ /404redirect.php

404redirect.phpは以下のような内容です。

<?php  
    header("HTTP/1.0 404 Not Found");
    exit();
?>

これで該当URLにアクセスすると、真っ白なページが表示されます。